ご訪問ありがとうございます

半年前から続いた、私の身体の不調は、原因不明でした。

みぞおちの激しい痛み、背中の痛みや違和感、続く夜中の鼻血
血小板数値の減少、朝からの慢性的な疲れ
繰り返す顔のにきび、発汗異常、便秘、胃腸の不調、イライラ・・

あまりにいつもとは違う身体の異変できっと何かの病気に違いないと思い
たくさんの病院に行き、検査を受け、お金もたくさん使いました。

でも、どの結果も「異常なし」というものでした。
そして最後には年齢的に仕方ないのか・・更年期だから?そう思っていました。

P1040030
それが、過去の食生活によって、数年・数十年かけて
身体に蓄積されたものが、身体から排出する現象について、
はじめて詳しく知ったとき、私の心身に起きていたことが
必然だったことが分かりました。

ふつう身体の排泄機能と言えば、汗や尿・便、吐く息などを思い出します。
ですが、現代の食生活や生活習慣では、思うように排出できず
内臓や滞りやすい場所に、蓄積されていくのだそうです。

様々な身体の不調も、体内に蓄積されたものの
排出現象のひとつということが分かりました。

たとえば疲労感や痛み(頭痛や腎臓付近の腰の痛み、
                          鋭い腹痛、関節の痛み)
発熱・悪寒・せき、異常な発汗と頻尿、鼻水・一時的な下痢・軟便
発疹・かゆみ・赤い腫れ・にきび・肩こり・頭痛・生理の一時停止・
ホクロ・イボ・しみ・毛穴の広がり・乾燥・脂っぽさetc・・・


そして精神の不安定もです。
これは
コーヒー、紅茶、アルコール、薬品、香辛料などの刺激物を
長い間大量に消費していた人に起こる症状なんだそうです。

では、とうして半年ぐらい前から急にそのような症状が起きたかと言うと
その頃私はハーブティーのサロンを開くため、
たくさんのハーブティーを用意し試飲することが多くなっていました。

ハーブティーは代謝機能を高めたり、
免疫機能や自然治癒力を高めるので
身体が目覚めて排出が始まったと思います。
辛い症状ではありますが、排出できてよかったのですね。

ところがこの排出のメカニズムが知らなかった私は、
辛い排出が起きていても、相変わらずお肉や魚は毎食摂り、
砂糖の入ったお菓子やケーキを毎日食べていました。

皮膚科の食事療法で砂糖は控えるように言われ、
摂らなかった時期もありましたが、動物性タンパク質については
魚と肉を毎日交互に食べるよう指導され、何故そうする必要があるのかも
理解しないまま、人任せでとても中途半端なことをしていました。

当然ニキビは改善されず、先生にも
『あなたはアレルギーではないと思う』と言われました。

その後、マクロビオテックという食事法を知り
私なりに勉強する中で、たくさんの疑問が消えました。
ほんとうにありがたいことです。

そして、上記に挙げた不快な症状のほとんどが無くなりました。
年齢のせいではなかったんだと、つくずく思います。

今でも、私の左頬には赤いニキビが出続けています。
これは以前使っていたステロイドの排出です。
使った期間や体質などで個人差はありますが、しばらくは続くようです。

分かっているので、以前のような不安やイライラはありません。

そして何より、食べる物と食べ方によって
こんなにも本来のエネルギーを取り戻すことが出来るんだと
実感できていることが、とても嬉しいです

病気の進行 第1段階 異常な排出作用
病気の進行 第2段階 苦痛や痛み

いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

salon aikon s2
食のカウンセリング サロン・ド・ハーブへ


癒しの生活レシピブログ ヒーリングライフin Sapporoへ