ご訪問ありがとうございます

昨日の「たけしの家庭の医学」で興味深いことをやっていましたね。

老化の原因となる「AGE」についてです。
AGEは体の中にある余分な糖がたんぱく質と
結びついてできる物質で、AGEが体にたくさんたまると
体の中が糖化と言う状態になり老化が促進されるそう。

このAGEが体にどのくらいあるかによって、老化を引き起こす糖化が
どのくらい進んでいるかわかるのだそうです。
なんだか、その数値、測ることもできるようですね。

P1040128

お肌の弾力などに大きな関係のあるコラーゲンもたんぱく質です。

そのコラーゲンタンパクを糖につけておくと茶色に変色するそうです。

この茶色の部分がAGEのできた部分で、
弾力のあるコラーゲンがAGEにより弾力を失い硬化し、
たるみ、くすみ、しわ、血管がかたくなるなどの
原因になって、老けてしまうのだそうです。

番組を見ていて「マクロビオティック」と同じようなことを
言っているなぁ~と思いました。

高い温度で調理する食べ物、糖分、動物性タンパク質は
気をつけなくてはいけないこと。

マクロの本にはオーブンなどの高熱で作った焼き菓子
(料理も含め)などは特に注意とあります。
本には顔色がくすんで、そのお菓子のような色になっていくと・・・

P1020963
確かに番組に出ていた一番老け顔と言われていた女性は
一番若く見える女性に比べ、顔色がずいぶんくすんで見えました。

私も最近、なるべく砂糖を口にしないようにしてからは、
それがすごくわかるようになりました。
お菓子や甘いものはもちろん、全粒粉のパンでさえ、
こんがりトーストしたりして食べると
起きぬけの顔がどんより曇ってくるのです。

それから、興味深かったのは健康診断で測る血糖値が正常でも
食後、長い時間血糖値が下がらないことも血糖値が高いという状態で
糖化の原因になるということも言っていました。

普通の人は食後1時間半後くらいには、食べる前の血糖値に戻るのが
身体に糖が多い人の場合、いつまでも血糖値が下がらず
AGEを作ってしまうそうです。

糖分やタンパク質を取り過ぎない、食べ方(野菜を先に)
食べた後の軽い運動(食器を洗う程度でいい)
寝る2~3時間前は飲食しない、全部当たり前に
分かっていることのようですが、本当に大事なんですね。



人気ブログランキングへ
ぽちっと応援ありがとうございます

salon aikon jyuyou
サロン・ド・ハーブへ