ご訪問ありがとうございます

玄米菜食を始め、「排出」と呼ばれる好転反応が起きている時期ですが
久しぶりに青魚を食べてみました。

お魚が大好きなチビアンにも食べさせてあげたいと思ったのです。

あいにくカラダに優しい白身のお魚は適当なのが無かったので
チビアンの好きな青魚のイワシにしました。

マクロビでは青魚は油が強いので注意とあります。
少しでも中和させようと大根おろしもいっしょに食べました。

ところが、好転反応で出た新しい吹き出物の強い痒みで
夜中に目が覚めました。

じりじりとした強い痒みと皮膚の奥が痛い感覚は
眠れるものではありません。

そして、起きたとき、お腹の軽いもたれも感じました。
この感覚は久々です。

夕食から7時間も経っているのに、まだ消化できずに
身体が頑張っている感じ。

それはマクロビの本にあった動物性蛋白質を消化するのは
すごく身体に負担をかけているという感じそのものでした。

これはある期間、動物性蛋白質を止めたから分かるのだと思います。

なぜなら、食べ放題食べていた時は、多少胃腸の不調が起きていても
気づかなくなっていたのだと思うからです。

今日の不快感を「ああ、この感覚懐かしいな」と思ったくらいですから。

私はいつものように痒みを鎮めるためにハーブティーを飲みました。

消炎・鎮痛作用のあるセントジョンズワートと神経を鎮めて
眠りを誘ってくれるパッションフラワーのブレンドティーです。

そして、その後、チヴィアンのイビキがすごくて
しばらく眠れませんでした。

こんなにイビキをかくなんて、いっしょにイワシを食べたチビアンの
身体にまで負担がかかっているのかな?なんて思っちゃいました。

猫は肉食動物だから大丈夫か・・・

魚が良くないというわけでは無いのですが、ドライフードなどには
消化を促進するものが色々と入っているようですので
それに慣らされているということは考えられますね。

P1040280
朝起きてから昼近くなった今もフードを欲しいと言いません。
こんなことは、まず無いので、本当に少し心配になってきました。

ほんとに胃がもたれてしまったのかな?

いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

salon aikon s2
食のカウンセリング サロン・ド・ハーブへ


癒しの生活レシピブログ ヒーリングライフin Sapporoへ