いつもご訪問ありがとうございます

玄米に含まれるフェチン酸は、体質が改善されてからも
同じ食べ方をして玄米食を続けた場合、逆に有害に働く
可能性があるとの情報を度々目にします。

フィチン酸による排出が、深刻なミネラル欠乏状態を引き起こす
デメリットは、様々な欠乏症の原因になる
可能性もあるということのようです。

これと同様なことが、「ハッピーマクロビオティック教室」
という本にも書かれていました。

ネット上でもフェチン酸のことを色々調べた中でこちらの情報が
とても詳しく分かりやすく説明されていて
前向きに考えるきっかけになりました。

このフィチン酸の能力を味方に付け、コントロールできる方法が
発芽玄米だそうです。

しっかり浸水すれば、大丈夫という情報や
何をしても玄米じたいが危険という情報もあるわけで
どれが真実かはひとそれぞれ。

様々な情報をもとに、自分で試して感じて選択していくしかありません。

最近は今までの一晩浸水よりも長めに浸水して
発芽を眼で確認できるようになってから炊いたり
白米に雑穀なども試しています。

今では玄米の発芽もしてくれて
炊飯も出来る電気炊飯器まであるようですね。

作るといってもお米を水に浸して発芽させるだけなので簡単です。
胚芽の部分が膨らんできていればいいとの情報もあります。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥ ≪発芽玄米作り方≫ ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
1、玄米をひたひたの水にひたし、夏であれば涼しい室内
冬であれば暖かい室内に置く。
2、1日1回、水を交換する。(夏は水が臭いやすいので頻繁に)
3、夏であれば1~2日、冬であれば3~4日で発芽。
P1080867

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
寒い時は、ヨーグルトメーカーを28度~29度に設定して使い
1日~2日で発芽させることもできます。

ちょっと、むずかしいと思ったのは炊く時の水加減でした。

普段、圧力鍋を使っていますが、発芽玄米はかなり浸水しているので
炊飯器でも美味しく炊けるというご意見もあったので試してみました。
P1080868

発芽玄米モードで白米と同じ水の分量で炊いてみましたが
ちょっとぼそぼそ感が気になりました。

水が足りないのかなと思い、水を増やしてもう一度炊いてみましたが
あまり変わりありませんでした。

こちらは圧力鍋で炊いたもの。
P1080899
水は浸水した分、やや少なめで発芽玄米がかぶるくらいの量。
やはり、炊飯器よりもねばりともちもち感があります。

お米の種類や圧力鍋・炊飯器によっても違いがあると思うので
何とも言えませんが、慣れるまで微調整が必要なようです。

今日も素敵な一日をお過ごしください♪


いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

自然食、ハーブ、アロマのことをお伝えしています♪ 
salon aikon ashiyu
サロン・ド・ハーブ