いつもご訪問ありがとうございます

活性酸素が細胞を傷つけることを酸化といい
「サビる」などとも言われ老化の一つの原因と言われています。

老化の原因としてもうひとつ「炎症」というものがあるそうです。

確かに年齢とともに「炎症」も治りにくくないですか?
ねんざして腫れたりもそうですが
歯茎の腫れ、充血、発熱、、吹き出物、湿疹、日焼け
腰痛、肩こり、あらゆる痛みの元・・etc

炎症を引き起こす犯人は精製された砂糖や炭水化物、トランス脂肪酸
乳製品のとりすぎだそうです。
P1040297

でも、これらから身体を守ってくれる食べ物があります
エリカ・アンギャルさんの本から。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
「日傘より強力なプロテクター。
抗酸化・抗炎症食品でエイジレス美女に。」

日本では、男性は外に出れば七人の敵がいる、ということわざがある
そうですね。しかし私に言わせると、現代女性が外に出れば、七人
どころか、次から次へと幾千の攻撃を受けているようなもの。毎日
暮らしているだけで、強い紫外線、化学物質、活性酸素、悪い油や
食べ物などにより、目には見えない細胞レベルでダメージを受け、
それが身体を老化させます。特に老化を加速させる主因はふたつ。
活性酸素と炎症です。
しかし、それらから守る盾になってくれる食べ物もあります。まず、活性
酸素に対抗してくれるのが色の濃い野菜に含まれるポリフェノールや
リコピンなどの「抗酸化成分」
。旬の野菜ほど栄養価は高いですし、
色により効果が異なるので、色とりどりに食べましょう。
ただし、残留農薬には注意が必要です。せっかくの抗酸化効果が
2、3割低下するので、できれば有機栽培のものを。玄米など丸ごと
食べるものや皮をむかずに食べるものには特に有機がおすすめ。
醤油や味噌、豆乳も有機栽培のものが増えてきました。有機栽培の
基準を満たした素材で作られた食品に与えられる「有機JASマーク」を
目印にしてください。
もう、ひとつ大切な美のプロテクターは「抗炎症成分」。いい油と野菜
フルーツにたっぷり入っています。炎症とは分かりやすい例では、
日焼け。これは目に見える炎症です。加えて細胞レベルで進む、
沈黙の炎症もあり、自分では気づかないうちに発生しています。
過剰なインスリンは太りやすい身体にする、とお話ししましたが、
もうひとつ、炎症発生の元凶でもあるのです。過度なストレスも同様。
悪い油と白い食べ物も炎症を引き起こします。いい油と茶色い
食べ物を摂り、悪い油を減らすことが、炎症を抑え(=老化を遅く
する)、アンチエイジングにとても重要
。抗炎症作用の食べ物は、
具体的には、青魚、オリーブオイルなど、オメガ3、オメガ9の
食品やフルーツや野菜、緑茶。反対に、精製食品、白砂糖と
トランス脂肪酸や乳製品、オメガ6のとりすぎを控えましょう。
いい油とはこちら
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
先日、近所のカフェでピザを食べる機会がありました。

甘いソースではなく、トマトソースが食べたかったのですが
表記がなかったのでソースについて店の人に尋ねました。

すると、とてもきちんとしたお店で、使っている材料がリストになった
ファイルを見せてくれたのですが、ピザ生地にも、とまとソースにも
両方に砂糖が使われていました。

さりげなく飲んでいるビールにも、砂糖がたくさん使われています。
いまや砂糖が含まれている食品はとても多いです。

抗酸化・抗炎症食品を味方につけて
元気に健康でいたいですね

今日も素敵な一日をお過ごしください♪

紫外線を浴びたらラベンダーローション


いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

食事法、ハーブ、アロマのことをお伝えしています♪ 
salon aikon ashiyu
サロン・ド・ハーブ