いつもご訪問ありがとうございます

昨今、いろんな油の情報があって、特にオメガ3系脂肪酸
摂取の重要性が伝えられています。

このブログでも美容効果のある油&極力避けたい油
で紹介いたしました。

そこで、素朴な疑問が浮かんできます。
外食をよくするひとは自然にオメガ6を摂ることになると思いますが
外食をあまりしない人も、自宅でオメガ6系脂肪酸を
摂らなくていいのか?ということ。

P1090189


オメガ6系脂肪酸もヒトが身体の中で合成できない「必須脂肪酸」です。
ですから、やはりちょうど良い量を摂取する必要があります。

オメガ6が不足すると、皮膚状態の悪化、成長の遅れ
肝臓や腎臓におけるトラブル、感染の頻発などが起こることが
わかっているそうです。

また、体内で合成される「ビタミンF」(γ・リノレン酸、アラキドン酸)は
ガンマ6を原料として、ビタミンFは身体の働きを調整する
「プロスタグランディン」の元となり、プロスタグランディンは適量なら
血圧を下げたり、アレルギー症状を改善したり、子宮収縮を促し
生理不順を改善するなどの働きがあるそうです。

オメガ3系脂肪酸もしくはオメガ6系脂肪酸のどちらが自分にとって
必要なのかは個人差があるそうです。

より詳しい情報はこちらのページ下のほうにあります。

食生活によっても大きく異なり、例えば植物性の食事をメインにされてい
る方は、オメガ6系脂肪酸の摂取量が不足している可能性も
あるかもしてないとのこと。

一方、欧米化した食生活を送っている方は、やはりオメガ3系脂肪酸の
摂取がお薦めのようです。その上で、「オメガ3系を摂っても変わらないな」と
感じる方は、実は体内変換がうまくいかずにオメガ6系が不足している
可能性があるそうです。

実は私も植物性メインの食事のせいなのか、オメガ3系脂肪酸を摂っても
それほど変化の見られないひとりです。

やはりここでも、情報を鵜呑みにしてそればっかりになることなく
バランスをとることと、自分を観察してみることが大切なようですね。

また、個人差もあるようですので、べストな状態に調整していく
プロセスが必要なようです


今日も素敵な一日をお過ごしください♪


いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

自然食、ハーブ、アロマのことをお伝えしています♪ 
salon aikon ashiyu
サロン・ド・ハーブ