いつもご訪問ありがとうございます

現代社会は極陰性食品と極陽性食品があふれているので
体も陰性と陽性を行ったり来たりのシーソー状態になりやすいと
言われていますが、私の経験でも本当にそう思います。

以前私は、厳格に動物性食品を断っていた時がありましたが
その時はわりと陰陽の傾きがわかりやすかったのですが

今は、少量の魚介をいただいたり、場合によっては
外食でお肉が入っているものを少量いただいたりするときもあるので
それと同時に陰性のものもいただいたりすると、時々どちらに傾いて
症状が出ているのかが分かりにくいといったことがあります。

ですから、中庸に近いものを中心にいただく大切さが
今になってもひしひしと感じることがあります。

この大根おろし入りの梅しょう番茶は
症状が陰性か陽性かわからない時にも対応してくれる飲み物です。

P1100165

過去にとった動物性食品や調味料は、古塩という形で
私たちの体にたまっていき、さまざまな不調を引き起こすようですが
大根おろし入り梅しょう番茶は、大根で古塩を溶かし
しょうゆと梅干しで新しい塩を補います。

その他、鼻水、陽性の冷え性、熱中症、左の肩こり
ジュクジュクのアトピー性皮膚炎などにも有効です。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥ ≪材料≫1回分 ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
梅干し・・・・・中1個
しょうがのしぼり汁・・・・・2~3滴
しょうゆ・・・・・小さじ1と1/2~2
大根おろし・・・・・大さじ山盛1
三年番茶・・・・・3/4~1カップ
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥ ≪作り方≫ ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
1、カップに梅干しを入れ、果肉を種からはがして箸でつぶす。
2、1にしょうがのしぼり汁を入れ、しょうゆを加えてよく練る。
3、2に大根おろしを加え、練らずにわかした三年番茶を注ぐ。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥ ≪飲み方≫ ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
症状が出たときに飲む。または1日1~2回で、2日目は
時間をあけて飲む。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
今日も素敵な一日をお過ごしください♪
梅しょう番茶
梅しょうくず
原因が違う♪右の肩こりと左の肩こり

いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

salon aikon s2
食のカウンセリング サロン・ド・ハーブへ


癒しの生活レシピブログ ヒーリングライフin Sapporoへ