ご訪問ありがとうございます

不調が改善し、体重も減り、軽やかさを感じる一方で
ほんの少しの食生活の乱れでも、身体は直ぐに反応し
感覚が鋭くなっているのを感じます。

ここ最近、時折「肩がこってるなぁ~」と感じることが。
昨日は首から後頭部と右肩の鈍痛が気になりました。

食生活を変える前はよく左肩がこっていたのに今は右。
そういえば以前読んだ書籍に痛みの部位によって
どの内臓からのサインかが分かるというのが書いてあったのを
思い出しその書籍をじっくり読んでみることに。

P1050597

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
「マクロビオテック食養生大全」によると
こりという現象は、乳酸、ピルビン酸などの疲労物質が体内に増加して
筋肉細胞のタンパク質と結合して固くなった状態です。

初期にはだるさ、重さなど疲労感として感じますが
長く続くと炎症にまで発展して痛みを感じるようになります。

血液のねばりが増したり、体液のうっ滞のため
血行が阻害されてしびれることもあります。

首や肩の筋肉は、頭や腕を支えるため、寝ている時以外は
常につかい続けています。こういう緊張している組織内には
疲労物質が最も多く蓄積します。
血液がキレイで良質であれば、起らない現象です。

内臓や目の障害から体内反射が起り、肩周辺の筋肉の血行不良や
代謝不良が起って、肩こりになるのが最も多いケースです。

また、肝臓の障害があると主に右肩甲骨や右肩
膵臓・脾臓の障害は左肩甲骨や左肩
腎臓の障害は首や後頭部へと、それぞれ反射が及ぶ場所に
症状がみられます。

常食する食物によっても肩こりの傾向があります。
肉・魚などの陽性の老廃物が多いと右肩
砂糖・果物などの陰性の老廃物が多いと左肩へ発症します。

こりが肩関節周囲の筋肉にまで及んで炎症を起こし
強い痛みと腕の運動障害まで発生すると五十肩(頸肩腕症候群)と
言われる症状になります。

肩関節を支える靭帯や筋肉が変性・硬化して痛みを伴うので
腕が動かしづらく不自由します。

筋肉のこりを起こす乳酸などの疲労物質は体内のエネルギー代謝が
円滑に行われていない時に多く発生します。

エネルギー代謝が滞りなく進行するには
内部環境が整っていなくてはなりません。

受け入れ態勢は整っているところに、良質な炭水化物とビタミンが
取り入れられ、充分な酸素が供給され体内で酵素が充分に
生産されていればスムースに代謝が進みます。

エネルギー源として、精製した穀類や白砂糖などを多量に摂ると
不完全燃焼して乳酸を多量に発生
します。動物性食品や加工食品
を摂って内部環境を悪化させると、エネルギー代謝を妨げて
ますます多くの乳酸を発生
します。乳酸などの老廃物を発生させない
ためには、穀類、野菜、海藻を中心としたシンプルで少量の
食事がベストです。

現在コリがある場合は、体組織を柔軟にし、身体を温め、体液の循環
を促進する食物をとります。また、炭水化物(糖質)の燃焼を効率よく
するため、ビタミンB1をはじめとしたビタミン類を多く摂るようにし
また、血液循環を促すためビタミンEを摂ります。

■食事のとり方
①少食にする
②主食を中心にして、副食を少なめにする。
③塩分を多めにとる。
④油脂を控える
⑤水分を控える(夏場は注意)
⑥よく咀嚼する。徹底して多く噛むほど効果的

■積極的にとる食物(少量を頻繁に)
●ビタミンB1、ビタミンEを多く含む食物
酵母、全粒穀物、小麦胚芽、玄米胚芽、豆類、松の実
ひまわりの種、くるみ、カボチャの種

●体組織を柔軟にする食物
葛・ごま・はとむぎ、里芋、とろろいも、自然薯、昆布、わかめ
ふのり、もずく、きくらげ、納豆

●血液循環を促進し、身体を温める食物
にんじん、蓮根、タマネギ、ごぼう、そば、葛、味噌
梅干し、鯉こく

●飲み物
梅醤タンポポ茶、梅しょう番茶、三年番茶
タンポポ茶、はとむぎ茶、よもぎ茶、ヤンノー

抜粋ですが、このように書いてあります。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
以前、砂糖・卵・乳製品の使われたスイーツを毎日のように
食べていた時の左肩のこりは当然の症状だったのですね。

そして、今でもハッキリ感じるのは、甘いものを食べると決まって
その後頭が痛くなって、肩が張ってくるのが分かります。

ヨガをやっている方は分かると思いますが、身体は毎日変わります。
私の場合、甘い物を食べた翌朝は、身体が硬くなっていて
いつものしなやかさがなくなっているのが分かります。

意外だったのは今現在の右の肩のこりは肝臓に繋がっているということ。
私はお酒をあまり飲まないし、肝臓は大丈夫でしょうと思っていたのですが
もっと詳しく読んでみると、糖類や動物性食品・脂っこいものを消化する際にも
大量の老廃物や毒素を作り出してしまうので肝臓に大きな負担が
かかるのだそうです。

昨夜は油を使わない夕食、ゆっくりお風呂につかり血流を促進させ
いつもの寝る前のストレッチ。

それだけでも今朝の身体は昨日とは全く違い
完ぺきとはいかないまでもスッキリしているのでした。

今日も素敵な一日をお過ごしください♪

ハーブティーで肩こりケア
アロマで肩こりケア 

いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

salon aikon s2
病気の予防と健康美のための食事改善 サロン・ド・ハーブへ


アロマ&ハーブの台所薬局 ヒーリングライフin Sapporoへ