ご訪問ありがとうございます

男性は動物性食品を、女性は砂糖を控えることに
一番苦労するといいますが、私もやはりそうです。

砂糖が体におよぼす影響について
オーガニックベースにはこんなふうに書いています。

P1050087

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
強い陰性(砂糖やハチミツ)は、全体的に私たちを過剰に膨張させ
ゆるませます。血管も心臓も肺も胃も脳もあちこち。

私たちの日常は適度な収縮と膨張の繰り返しで維持されています
から緩みっぱなしだと血がめぐりません。肺がそうだとちゃんと
酸素(陰)を取り入れ二酸化炭素(陽)を排出できません。

脳が膨張していると、ボーっとしてよく考えられないのです。
興奮作用もありますが、その後忘れっぽくなったり
集中力がなくなります。

食べ物は最終的に振動として排出されるので
その際に脳を興奮させ、さまざまな妄想を描きます。

腸も緩むと排便が滞って便秘になります。昔の私が持っていた
夜型、朝起きられない、片づけられない、指紋や手相が溶ける
爪が浮く、毛穴が開いて肌が荒れる、握力がない、近視、高所
恐怖症
、などはすべて陰性の症状で、膨張しすぎが生む現象
です。ほくろや顔のてかり・ざらつきの原因でもあります。

心理的には落ち込みやすく、うつ、自信喪失、臆病になる、感情の
起伏が激しくなる、忍耐力、集中力、記憶力を低下させる
などの
影響があります。 低血圧、低体温(冷え性)も、だいたい陰性過多
ですが陽性すぎるケースもあります。

砂糖やはちみつもある程度の量を超えると、体が強く排出しよう
とします。下痢や咳、鼻水、発疹、かゆみなどなど。それでも排出
できないと、体のあちこちに脂肪や粘液、余計な水分として溜まり
始めます。耳鳴りにも関係があります。

砂糖やはちみつも他の強い食品と同じように断つことが出来れば
久しぶりに食べたときに頭がぼーっとしたり、鼻が赤くなってかゆく
なったり、ということを感じられるでしょう。

ご自身が実感するのが一番です。

私が驚いたのは授乳中に砂糖を食べると、そのすぐ後の母乳の
味が、ものすごく甘くなることです。そしてそれを飲む息子は
むせたり咳き込んだりして、飲んだ後もかゆがったり、便が変な
色になったりするのです。

カフェイン(極陰)と砂糖を一緒に摂って、そのおっぱいを飲ませた
夜は、息子が泣きわめいて眠れなかったこともあります。
(泣きわめきは塩分などの陽性過多もあります) こんなにも
食べたものと母乳というのは直接に関係しているんだと
本当に驚きました。

もし砂糖をとったら、適度な陽性なのもで、ある程度中和できます。
味噌汁や梅干し、梅醤番茶、梅醤葛梅酢番茶、ゴマ塩、古漬けの
たくあん、小豆、ひじきや昆布、あらめ、根菜類などです。
そうやって少しずつ自分の感覚を整えていってみてください。
                
                     「オーガニックベース」より  
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
私も砂糖を口にしたり、他の甘味料でも過剰になると、
不快な症状が出て直ぐ分るようになりました。

私の場合、食べた直後は頭に膜が張ったようにぼーっとしてきます。
時には頭が痛くなり、耳鳴りがしてきます。
仕事や家事の効率が落ちて、精神的にイライラしてきます。

数時間後や翌日は、顔やお腹に赤いぽつぽつが出てかゆくなり
顏がむくむ、たるむ、くすむ、シミが濃くなります。

身体のしなやかさがなくなり
肩がこったり、体がだるく、動くのが億劫になります。
血液の質と血流が変わったことを、とても感じられるようになりました。

腸も緩み、腸内環境も悪玉菌が増え悪化するのか
便秘しやすくなります。

甘いものを食べたくなった時は、砂糖ではなく他の甘味料を使うようになり
その甘味料だと少量なら体への負担はかなり楽です。

ですから今では、これらの自然甘味料を使った自分で作るスイーツは
生活に楽しみや変化与えてくれる、とても大切なものです。

ですが、気をつけたいのはやはり何日も連続して食べたりすると
砂糖を口にするのと同じような不快感が出るので
身体の状態に合わせ、食べ過ぎないようにしています。

最初は簡単に、玄米もちに玄米甘酒と塩一つまみときな粉を
トッピングしたきな粉もちからでした。
その頃は、甘さをあまり感じることが出来ませんでしたが
今ではとても甘~く感じるようになりました。

本当に味覚って変わるのですね

ほとんどの女性は甘いものをコントロールできれば
健康維持はとても楽になるのではないでしょうか。

salon aikon s2
食事・ハーブ・アロマ
サロン・ド・ハーブ


甘いものを止めはじめた時の砂糖の禁断症状
砂糖と粉もので・・だるい、眠い、疲れる
食事で予防できる!心と体の低血糖症状


アロマ&ハーブの台所薬局 ヒーリングライフin Sapporoへ

いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ