ご訪問ありがとうございます

今日は少々露骨な便のお話し。
これから食事の方はお気をつけてくださいね。

玄米を食べるようになって、本当に腸内環境が変わりました。
腸内環境が良くないと、便秘や下痢になるのですが、
以前の私の場合は便秘のほうでした。

玄米を食べる前は悪玉菌が多かったせいか、コロコロの黒っぽい便でした。
出てもスッキリとまではいかず、しょっちゅうお腹が張っていたんですね。
いきんで排便することも多く、タイミングを逃すと便意も無くなってしまう・・・
なんてこともしょっちゅうでした。

P1060509

そして今思うと、便もオナラもとても臭かったのですね。
そのころは便もおならも臭いのは当たり前と思っていました。

玄米を食べるようになって、『こんな便は久しぶり~』と思うような
黄色っぽくて太くて長い便がしっかり出るようになりました。
しかもするっと出ます。ニオイもほとんどなくお腹にガスが溜まることも
激減しました。

マクロビオテックなどの食事法をはじめて、たくさんの人が
長く苦しかった便秘生活から解放されているようです。
楽しくいきいきとした一日は朝のお通じから。
『食養生大全』には便秘のことがこのように書かれています。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
慢性の便秘の症状と原因
食生活を完ぺきにしても体内の受け入れ体勢が整っていなければ
良い結果が現われません。腸内環境はもっとも重要で食べた食物は
腸内でダイナミックな変化をとげて吸収され、体内で利用されます。
腸機能が不完全だと、食物は不完全なまま吸収されて、体内で充分な
活用が出来ず、どれほど良質な食物を取り入れても、良質な細胞を
造ることが出来ません。慢性化している便秘の大部分が弛緩性便秘で
腸の組織が緩んで動きが鈍っている状態です。腸の内容物がスムース
に動かないため、腸内通過時間が長くなって、水分が吸収され過ぎて
便が固くなります。その結果排便しにくくなります。その原因は
陰性食品の過剰摂取が大きな要因となります。陰性食品を多量に
摂ると、腸壁の細胞が弛緩して伸縮がスムースに出来なくなります。
とくに砂糖やくだものは強く弛緩させます。更に精製した砂糖は体内の
ミネラルバランスをくずしてカルシウム不足を起こし、ビタミンB1を
無駄に消費します。カルシウムとビタミンB1が不足すると、自律神経
の機能が低下して、腸の弛緩をさらに助長します。そこに動物性食品
が入ると、腸内環境はますます悪化して善玉菌が減り、悪玉菌が
増えます。悪玉が多い腸内では、動物性食品は腐敗して有害な
分解産物を多量に発生
します。その有害産物は、腸から吸収されて
全身に広がり、さまざまな障害の原因となります。視力低下、皮膚障害
不眠、高血圧、頭痛、肩こり、腰痛、疲労、倦怠感、心臓病、肝臓病
腎臓病、アレルギー、ポリープ、老化促進など、あらゆる障害に発展
します。思考力、判断力、集中力も低下し、怒り、やすく短気で根気も
なくなるなど、精神面にも不調和が生じます。健康的ないい便は
色は小麦色で濃くも薄くもなく、硬くも柔らかくもなく、太く長く重く
悪臭が無く、短時間で気持ち良くきれいに出ます、一日1~2回は
このような便通があるのが理想的です。

『便秘を治す食養』
1、砂糖、果物をとらない
2、動物性食品をとらない
3、加工食品をとらない
4、油脂を控える
5、過食を避け、小食にする
6、ミネラルバランスを整える
7、食材の種類を少なくする
8、主食の比率を多くする・・・食事全体の60~70%
9、咀嚼を充分行う

『便通を良くする食物』
ひじき、きくらげ、ふのり、こんにゃく、ごぼう、にら、昆布、ごま
れんこん、葛、大根の葉、たくあん、味噌、醤油の中から数種類
煮合わせたものを毎日50g~70g食べると便秘解消に効果的。
主食である穀物を未精白のものに替えるだけでかなりの症状が
改善される。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
この他にもこの書籍には、おすすめ食材や簡単なレシピ、民間療法など
沢山の情報が載っています。

玄米に含まれる不溶性食物繊維はどっさり便の素になりますが
長い間の便秘症、薬の服用などで腸の機能が低下している場合
急にたくさんの玄米を食べ始めると、ガスでお腹が張ることがあります。

この場合、咀嚼が更に重要になります。充分な唾液と咀嚼で
既に口内で消化が始まっているような状態で胃に送り込みます。

玄米を食べてみて便秘やお腹の張りを感じられる人は
まずは水溶性食物繊維を積極的に摂ってみましょう。
便が水分を含んでゲル状になり、便が柔らかくなります。

特に押麦(大麦)には多くの水溶性食物繊維が含まれているので
玄米にブレンドするのもいいかもしれません。
玄米の量は様子を見ながら徐々に増やしていきましょう。

最近の研究では、腸内環境が免疫機能をはじめとする
身体の調節機能に大きく関わっていることがわかってきて
雑誌やテレビなどでも様々な情報を聞く機会が増えました。

そして、腸が元気な人は『歳を重ねても健康である』
と言われるほどになりました。
排便はそのくらいとても大切なことなんですね

下記も参考になさってくださいね

健康と美のバロメーター便のお話し
便秘解消エクササイズ
影響しあっている!便秘と頻尿
便秘にいいお手当レシピ梅しょうくず
                                  梅しょう番茶
                  ごぼう味噌
便秘をサポートするハーブティーはこちら

いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ

salon aikon s2
食のカウンセリング