ご訪問ありがとうございます

今日は岡田恭子さんの「ハッピーマクロビオティック教室」
という書籍の紹介です。

P1070022

12日間集中講座ということで、なかみは12講座に分かれ
どちらかというと、なじみのあるメニューや
基本食、知っておきたいレシピが中心。

また、レシピだけではなく、それぞれ講座ごとにテーマがもうけられ
食についてやマクロビオティックについて学ぶことが出来ます。

テーマの一部をざっくりあげると、好転反応のこと、病とは何か
野草の効能、風邪、自然療法、プチ断食(短期集中デトックス)の仕方
洗剤について、発熱時の手当法、食べることと地球環境について
2年目からのマクロビオティックなど。

ちなみに私は最後の「2年目からのマクロビオティック」について
参考にしたいと思い、この書籍を取り寄せました。

「陰陽の知識を頭に入れて食べるのではなく
身体からに正しい声を聞くことができるように精進しましょう」
という考え方の基、本は構成されています。

また、排毒が終わった2年目に入ったら
玄米は発芽玄米、または3分づきにし、白身魚やいわし、鮭
牡蠣など、小魚を中心とした動物性たんぱく質も、日々の食卓に
加えたり、酵素を取得するために生の野菜(だいこんおろし、にんじん、
リンゴのすりおろしなど)も取り入れるなど、長く玄米菜食を
なさっている方々にも参考になる書籍ではないでしょうか。

また、体験談なども多く載っています。

自分で自分の身体の声を聴くことの大切さを
厳しくもやさしく教えてくれる、そんな一冊です


人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています♪
応援クリックありがとうございます!
salon aikon tea
サロン・ド・ハーブ