ご訪問ありがとうございます


立冬も過ぎて、本格的な冬になってきました。
札幌は今日も朝から雪が降り、気温は-1℃~5℃と冷え込んでます。

先日手に入れた「美人のレシピ2」に春夏秋冬の美人の作り方というのが
それぞれの季節ごとの載っていました。
P1070717
とても興味深かったので、今日は
「冬美人の作り方」について、私がなるほど~と感じた部分を
少し抜粋させていただきます。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
冬は春への準備の季節!
冬は春に向けての準備をする季節、本格的な寒さの季節です。
五行で言うと冬は「水」に配当します。やがて水は大地を潤し
草や木を育み育て、冬の「陰」から春の「陽」に転じていきます。
そのために、冬はしっかりとエネルギーをため込み、命を生み
育てるための準備をするのです

冬は「寒さ」の邪気が入ってきます
そして寒くなると血管が縮んで血流が悪くなるため、体は老廃物を
出しにくくなります。そのうえ、寒いからエネルギーを蓄えようと
あまり食べ過ぎていると、この老廃物が溜まって悪血(おけつ)を
作ります。

冬は「腎」が活発に働く一方で疲れも出ます
「腎(腎臓・膀胱)」は冬に活発に働きます。冷えて尿の回数が
増えるといったことからも分かるように、冬の寒さは「腎(腎臓・膀胱)」に
負担をかけます。腎が弱ると、水分コントロールがうまくいかなくなり
むくみや手足のだるさ、冷え、膀胱炎などの症状が出ます。さらに
進むと性欲が衰え、不感症、婦人病、子宮がん、乳がん、男性の
場合はED(勃起不全)、前立腺肥大など、生殖器のトラブルが
起りやすくなります。

腎のトラブルは「黒」で出ます
「腎(腎臓・膀胱)」の不調は、黒い色で出ます。目の下のクマなどのように
黒ずみとして出たり、耳の外側が黒ずむことがあります。ネフローゼ
などは、顏全体が黒ずみますね。

「耳」と「骨」に出たシグナルは、腎臓からのサインです
「腎(腎臓・膀胱)」の弱りは髪や骨に現れます。不調になると、抜け毛や薄毛
になったり、腰や節々の痛みが出てくるようになります。
甘いものや脂っこい食べ物は体を酸化させる酸性食品と言われますが
これらは「腎」を傷める食品です。この酸化を止めるのがカルシウムで
これは筋肉を動かす大事な働きをしていますが、不足すると骨から
カルシウムを溶かし出してくるので、骨が弱くなってしまいます。腎の不調は
耳にも影響して耳鳴りやめまい、車酔いなどを引き起こします。

「腎」が弱ると「恐怖」の感情が出ます
明るい人、静かな人、様々な人がいますが、「腎(腎臓・膀胱)」が弱ると
本来は明るい性格の人でも、不安感や恐れの気持ちが強くなります。
甘いものやお酒、くだもの、油脂、高タンパクの食事が腎を傷めやすい
のですが、症状が進むと、神経症やパニック症、対人恐怖症など
感情的なトラブルに発展していきやすくなります。恐れや不安感は人を
守ってくれるものですが、いきすぎると反対に自分を傷つけてしまいます。

鹹味(塩辛い味)の食材が冬美人をつくります
冬に、「腎(腎臓・膀胱)」のエネルギーが足りなくなったときに、補う食べ物は
鹹味(塩辛い味)の食材です。鹹味食材にはみそやしょうゆのほかに、わかめ
や昆布、ひじき、カキ、アサリ、魚などの海産物があります(魚介は病的症状
がある場合のみ一時的に食べます)。秋から冬にかけては、根菜類が収穫
されます。にんじん、大根、ごぼう、れんこんなどの根菜は体を温める食べ物
なので、冬には積極的にとりたいものです。

冬には行動を控えると美しくなります
冬は「閉蔵(へいぞう)」といって、すべてを収めてしまい込み、春に備えて
ためておく季節です。この時期には体を動かしすぎて発散しないように
しましょう。汗をかくようなことを続けたり、お酒を飲み過ぎたり、甘いものを
たくさん食べて、体を冷やすと、「腎(腎臓・膀胱)」が悪くなります。そうすると
手足がむくんだり、生殖器の異常が出てきたりとよいことがありませんよ。
冬に無理をすると、春になってから調子をくずしてしまいます。つまり
春の臓器、肝臓を痛めるというわけです。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
私は「冬には行動を控えると美しくなる」この言葉に安堵しました。
冬でも体を動かし、汗をかいたほうがよく
スポーツジムにでも通ったほうがいいのかな・・・
とつい最近も考えていたのです。

でも、体や気持ちはというと・・・
それを求めている感じではなかったのですね。

なんだか私は元気がないのかな?などと思ってみたり。
でも、それは自然なリズムだということが分かって、ほっとしました。

「今は何でもないから」といって陰のものを食べ過ぎたり
季節にそぐわない行動をしていると

その次の季節で調子がくずれてしまうというのを経験して
「なるほど~」と思わず深く納得したのです。

そして、腎の弱い私にとって秋から冬は不調の出やすい
注意すべき季節なのだと気づかせていただきました

腎臓の食養生はこちら


人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています♪
応援クリックありがとうございます!
salon aikon ashiyu
サロン・ド・ハーブ