ご訪問ありがとうございます

現代社会は低血糖症である人が意識的、潜在的に
蔓延しているようで、先日ご紹介した「THEマクロビオテック」にも
人口の約80%が何らかの程度で低血糖症を患っているとされる
ということが書かれています。

このブログでも、低血糖に関する記事が一番読まれていて
気にされている方が多いということがうかがえます。
その、低血糖症に大きく関与しているのがこの膵臓のようです。

私が食養を始めるきっかけになったことの一つに
夜の睡眠中に起る背中やみぞおちの激痛というのがありました。
それこそ、救急車を呼ぼうかと迷うほどの激痛なのです。

病院に行って検査をしても何も分からずに
痛み止めだけを処方してもらい
あれは何だったのかと釈然としない日々を送っていました。

P1070112
この書籍を読んでいると、あの背中やみぞおちの痛みの原因は
膵臓にあったのだと思いました。

「THEマクロビオテック」には膵臓のことについて
このように書かれています。(一部抜粋)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
≪膵臓の働き≫
膵臓は小さな羽の形をして、人体の中心に位置する臓器で糖分の代謝を司り
タンパク質・脂肪・炭水化物の消化を促進する酵素を分泌している。
エネルギーの観点からみた膵臓の重要性は、いくら強調してもしすぎる
ことがないほど大切である。健全な膵臓は、総体的な健康と幸福寄与する
もので、その機能が損なわれると気分が落ち込み、感情が揺れ、総じて
不幸になる。タンパク質と脂肪が蓄積すると、抗インシュリン抗体の分泌機能
が失われるために、膵臓は硬化して、慢性的低血糖が起きる。この硬化は
塩分の摂りすぎや、堅く焼き締めた小麦粉製品、クッキーやクラッカーなどの
とりすぎによって、さらに促進される。したがって、硬化した膵臓機能を補う
ために、本能的に甘味・菓子・アルコール類・果物・ジュース・ミルク・乳製品
清涼飲料水などに惹かれる。そのため、血糖値が急激に変化して高低を
繰り返し、気分の浮き沈みが激しくなり、行動も不安定となる。アメリカおよび
他の豊かな国々では、大人も子どもも含めて、その約80%が低血糖
あると言われており、これは現代社会においていつの間にか気づかれずに
もっとも広く流行している症状である。慢性的に血糖値が高くなる糖尿病は
膵臓のインシュリン分泌機能が失われた結果起きるもので、アメリカにおける
主要な死亡原因のひとつに挙げられている。低血糖症は、主に肉類・卵
鶏肉・チーズ・脂っぽい魚や魚介類など、こってりした動物性食品のよって
起きる。一方、糖尿病は、砂糖・ミルクなどの軽い乳製品、果物・果汁といった
極端な食べ物をとりすぎた結果生じる。
 
≪膵臓疾患の症状≫
1.腹部中央上部に見られるはれ・硬直・硬化などの異常
2.空腹感・衰弱・神経質・発汗・震え・手足のうずき・めまい
特に昼下がりに起きる甘味の欲求
3.気分の揺れ・怒り・集中力の欠如・感情の爆発・意気消沈を起こす傾向。
4.過剰な喉の乾きや食欲・頻尿・体重の減少・疲労感
しばしば嘔吐を伴う吐き気・視界がぼやける
動悸・膣カンジタ症・男性の勃起障害など
 
≪伝統的な東洋医学からみた症状≫
1.鼻梁上部やこめかみの外側に見られるはれ・変色・その他の異常。たとえば
黒っぽい色の場合、砂糖・菓子・果汁・果物の過剰な摂取によって、膵臓に
負担がかかっていることを示している。白っぽい黄色の吹き出物は、乳製品
その他の動物性食品・植物油の摂り過ぎなどによる脂肪や、油分によって
できたものである。黒っぽい色の斑点や吹き出物は、大量の菓子・塩
小麦粉製品をとった結果生じたものである。この部位にあるほくろは、過剰な
動物性タンパク質と脂肪で膵臓や脾臓に負担がかかっていることを表している。
2.眼が透明もしくは青白い場合は、膵臓に嚢胞・膿瘍・腫瘍などが形成
されていることが多い。
3.眉間に毛が生えているのは、母親が妊娠期間中に大量の乳製品や
脂っぽい動物性食品を摂取したことを示し、膵臓、脾臓、肝臓に問題が
起きやすい傾向がある。
4.脂性の肌や乾燥肌は、膵臓の問題も含めて、脂肪の代謝に不均衡が
見られることを示している。肌が黄色味がかっているのは、胆汁異常による
もので膵臓に問題がある場合が多い。
5 特に足のくるぶしの骨の下から足の親指に伸びる部分など、脾臓の経絡に
沿って見られるはれ斑点・その他の異常は膵臓に問題があることを示す。

≪食事による解消法≫
膵臓の症状全般の食事の留意点
1、主食として全粒穀物をとる。とくに雑穀を使うと、膵臓に効果的である。
雑穀は単独で炊く・玄米と混ぜて圧力鍋で炊く・カボチャやにんじんなどの
甘い味の野菜と合わせて調理する・スープに入れる・柔らかい朝粥にする
などの方法で調理できる。玄米80%:雑穀20%の割合で合わせて炊いた
ごはんも頻繁につくるとよい。
2、球形の野菜類は、甘い味で、特に膵臓に滋養を与えてしずめてくれる。
こうした野菜には、秋冬のカボチャ・たまねぎ・キャベツなどがあり、
根菜の煮しめ・甘い野菜の煮しめ・特に雑穀とカボチャのスープなどの
スープ類・シチューなどに使うとよい。
3、膵臓の働きすぎをしずめるには、梅干しやザワークラウトなど、梅酢で
調味した酸味のある漬物をとるとよい。
4、特に鶏肉・卵・堅いチーズ、エビ・カニ・ロブスターなどの魚介類といった
動物性食品は、次第に膵臓に集積されて、硬化を引き起こすため避ける。
5、堅く焼き締めた小麦粉製品・塩気の強い食品・ローストした料理は
避けるか量を制限する。
6、砂糖、砂糖を使った食品・はちみつ・糖みつ、その他の精製甘味料は
避ける。
7、特に熱帯産の果物など、果物や果汁は、症状が改善されるまで、避ける
か量を制限する。
8、アルコール類はすべて避けるか量を制限する。
9、スパイス・刺激物・化学薬品が散布もしくは添加された食品・遺伝子
組み換え食品は、避ける。
10、白米・精白小麦粉・その他の精白された穀物およびそれを使った
製品は、クラッカー・クッキー・マフィンなどを含めて、避けるか量を
制限する。
11、各症状については、上述したそれぞれの標準的食事指針に従う。
12、膵臓の疾患には、適切にかんで食べることが重要である。少なくとも
ひと口50回かみ、できれば100回~200回かむとよい。
13、食べすぎ・飲みすぎは避ける。特に就寝前に飲食すると、夜中、
膵臓に余分な負担がかかる。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
この書籍には、「糖尿病」「低血糖症」など、個別に食事法が載っており
その他にも「陽性傾向の症状」「陰性傾向の症状」「陰陽両極端な症状」
に対しての食事法も詳しく載っています。
(詳しくお知りになりたい方はTHEマクロビオテックをお読みくださいね)
上記は11の標準的食事指針とは、それらをさしています。

私は左足くるぶしの下に赤く毛細血管が浮き出やすく
気になっていたのですが
これも膵臓に関係していたのですね。

勉強していくと、心も身体も全部色んな臓器と繋がりがあって
それに気づかされるその度に
人の身体の神秘を感じずにはいられません

食事で改善できる♪と体の低血糖症状
Let's食養生♪糖尿病


人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています♪
応援クリックよろしくお願いいたします!
salon aikon tea
サロン・ド・ハーブ