ご訪問ありがとうございます

本屋さんでずーっと気になっていた「THEマクロビオティック」
単行本よりもひとまわり大きく、厚さ4㎝ほどある辞典のような書籍です。

P1070847

なかみの構成を簡単にご紹介すると

◆第Ⅰ部 幸せに長く生きる◆
第1章 マクロビオティック食事法
第2章 対極のバランスを保つ
第3章 食べ物が持つエネルギー
第4章 食事と病気の進行
第5章 自然療法

◆第Ⅱ部 健康状態を整える◆
第6章 はじめに
第7章 第Ⅱ部の利用法
第8章 症状と病気
心臓疾患と循環器系疾患、肺疾患、骨および関節の疾患
筋肉疾患、反復ストレス障害、脳の疾患、頭痛、神経の症状と疾患
精神および感情の障害、顎関節および関連疾患、消化器系疾患
胃の疾患、膵臓疾患、肝臓疾患、脾臓疾患、胆のう疾患
腎臓および膀胱の疾患、内分泌疾患、出血および血液の疾患
がん、アレルギー、感染症、エイズ、耳および聴覚の障害
副鼻腔炎、眼および視力の障害、足脚の疾患、吐き気と嘔吐

◆第Ⅲ部 個人の健康を管理する◆
第9章 標準的マクロビオティック食事法
第10章 治病のための食事法
第11章 生活法の指針
第12章 メニュー
第13章 マクロビオテックレシピ
第14章 家庭療法

となっていて、たとえば症状と病気のところでは、それぞれの疾患ごとに
症状、原因、代表的な病気の説明や食事法、生活様式、家庭療法
留意点、医学研究成果等が載っています。

写真や図のない文字と表だけの書籍ですが、内容が充実していて
まさに辞典感覚で使える一生ものといった書籍です。

これ一冊あれば、家族や知人のほとんどの
心身の不具合を網羅できるのではないでしょうか。

これから、様々な場面に活躍してくれそうな
そして食に関する理解を深めるのにも役立ちそうな
頼もしいバイブルです


人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています♪
応援クリックよろしくお願いいたします!

salon aikon ashiyu
サロン・ド・ハーブ