ご訪問ありがとうございます


今日はひなまつりですね。

札幌はまだまだ気温は低いのですが、日の出時間と
日差しの温かさは、日に日に変化していて
近づく春を感じます。

「美人のレシピ2」に美人の作り方というのが
それぞれの季節ごとに載っています。
P1070717
とても興味深いので、どうぞ参考になさってください。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
春は芽生えの季節!
萌えいづる春といわれるように、草木が一斉に芽を出し、花を咲かせる
季節です。暖かくなるにつれて気が上がり、陽の気が満ちてきます。
冬の寒さを耐えていた草や木の命が、明るくなった太陽の日差しや春の
暖かさという陽の気でいっせいに芽吹く季節なので、春は「木」に配当
されます。

春は「風」の邪気が入ります
「春一番」といわれるように、春は風で表されます。風が春を運んでくる
のです。外から入る病気を邪気といいますが、春の邪気は「風邪」と
いいます。だからこの時期は風邪をひきやすく、インフルエンザは2月
の立春の前後に流行することが多いのです。

春は「肝」に疲れが出ます
「肝(肝臓・胆嚢)」は春に活発に働く臓器です。肝臓は糖や脂肪の代謝
血液の貯蔵の仕事をしていますが、老廃物や毒素の分解・排泄も大切
な仕事です。春になって陽の気が満ちてくると、肝臓は冬の間大量に
食べた油脂やたんぱく質を老廃物として盛んに排出します。この時に
便秘していると、排出できずに皮膚に吹き出物などとして出てきます。
つまる、春は肝臓が盛んに働く時期でもあり、トラブルを起こしやすい
時期でもあるのです。胆嚢は肝臓で分泌される胆汁を蓄積して濃縮し
食物、特に脂っこい食べ物が十二指腸に入ると、胆嚢から胆汁を放出
し、脂肪の消化を助けます。脂肪の代謝をする肝臓と深く関わっている
胆嚢は、やはり春に疲れがでます。

「肝」のトラブルは「青」で出ます
「肝(肝臓・胆嚢)」が弱ると、体のあちこち、たとえば額やこめかみ、おなか
太もも、土踏まずなどに、静脈が青く浮き出てきます。また、どこにも
ぶつけていないのに、手首に近い腕の内側や小指から手首につながる
ところ、親指のつけ根などが青黒くなります。

「目」と「筋」に出たシグナルは「肝」からのサインです
肩がこる、目が疲れやすい、まぶしく感じる、ドライアイなど、目のトラブルは
「肝(肝臓・胆嚢)」からのサインです。手の指や足がつる、関節痛、腱鞘炎
などの症状も同様です。

肝臓が弱ると「怒り」が出ます
肝臓は「怒りの臓器」といわれています。つまらないことで怒ってしまう、
なにかにつけムカツく、イライラすることが多い、最近短気になった、と
いう人は「肝(肝臓・胆嚢)」が弱っていると考えられます。

酸味の食材が春美人をつくります
春の臓器「肝(肝臓・胆嚢)」の疲れが出たときに、助けるのが「酸味」と
「春の苦味」です。現代人の食事は高タンパク・高脂肪食なのですが、
これらは酸性食品といいますね。このような食べ物をたくさん食べていると
体に酸化物質、つまりサビがたまります。このサビを分解するのが、
梅干しやレモン、ゆずなどの酸味食材です。この酸味を用い鹹味(塩辛
い味)食材で酸味の働きを補い、辛味食材や甘味食材で酸味が利きす
ぎるのを防ぎます。マクロビオテックでは、「春には苦味をとれ」とも
いいます。たけのこやふきなど、苦味のある山菜は、おなかにたまった
便を出し、体の熱をとって炎症を改善する働きがあるからです。排便が
スムースになると吹き出物やしみ、ソバカスが少なくなり、肌の美しさを
取り戻すことができるでしょう。

春は積極的に働くと、美しくなります
「春眠暁を覚えず」といってなかなか朝スッキリ起きられないものですが
できるだけ早く起きて、心身ともに、のびのびと活動を始めましょう。
春は冬と違ってお日様も力強く、輝く陽の気が立ちのぼる季節です。
この春の気に逆らって、静かに沈んだ状態でいると、肌が荒れる、体
がだるい、のぼせる、目が疲れる、あるいは手足がつるなどという
症状が出てきます。そして、夏に汗をかきづらい体になったり、冷え性
になりやすくなったりします。この時期に家にこもってうつうつとしてい
ると、体が病気になるだけでなく、精神的にもしんどくなってきます。
これが、五月病です。行楽シーズンですから、外に出て適度に運動
して発散しましょう。ピクニックや山菜とりもいいですね。
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
「冬美人の作り方」では、冬は腎の働きが活発になり、また疲れも
出やすく、尿の量の増えるということでした。
腎が疲れると、「耳」や「骨」に出て、何かにつけ「恐怖」の感情が
おきやすくなるとも・・・

そういえばこの冬の間は、尿の量も多かったように思います。
また、外食が増えて乳製品や小麦粉、動物性食品を口にすると
耳鳴りがしたり、腎臓付近に湿疹が出たり
まさに書いてあること「そのとおり!」という感じでした。

春に多い肌トラブルの原因も肝臓にあったのですね。
酸味を利用して体に溜まったものを、外へ外へと排出しましょう。
どおりで最近、梅干しが食べたくて仕方なかったのは
そのせいだったですね。

そして積極的に外に出て、春の陽気を楽しみましょう

今日も素敵な一日をお過ごしください♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ
ランキングに参加しています♪
応援クリックよろしくお願いいたします!

salon aikon tea
サロン・ド・ハーブ