ご訪問ありがとうございます

食事を改善して最初に実践した食事法が
厳格な玄米菜食のマクロビオティックでした。

素晴らしく身体が軽くなり
不調がなくなり快活に過ごせるようになりました。

ところが1年が過ぎたころ、何だか最初の頃の爽快感が
陰をひそめ、顔色も悪くなり、痩せすぎになった時期がありました。

定期健診でも肝臓の数値が悪くなっていました。

様々なことを調べ、見聞きし、学んでいくうちに
どうやら原因のひとつに玄米のことがありました。

P1060314

食材は人や物と同じように、必ず長所と短所がワンセットになっています。

玄米の良いところは排出力が大きいということ。
その反面、長い間玄米菜食を続けると必要な栄養素である
ミネラルまで排出され、不調が出てきやすいのです。

現代病のほとんどは排出すれば改善していくので
排出力が大きい玄米はガンや肥満、生活習慣病やその他の不調には
大きな助けになるはずです。

でも、それらが改善してきたら徐々に健康食に切り替え
食べる頻度や食べ方を変えていきましょう。
長い間の厳格な玄米菜食には注意が必要なのです。

ミネラル不全の症状は貧血や肝機能低下・悪化、老化促進
疲れやすくなる、肩がこる、ノイローゼ、無気力、
歯の摩耗、爪の異常などがあります。

また、玄米は十分浸水させないと、消化しずらく、陽性すぎることから
血液循環の問題、更年期障害の悪化、怒りっぽくなる、
身体や顔が曲がり始める、歯並びが悪くなる、肩がこる
砂糖や酒、スパイス、油っこいものへの強い欲求が起こる
といった症状が起こることがあるようです。

また、ぬか部分に含まれるろう(WAX)のような物質が
腸壁にこびりつき、腸の疾患につながったといったとも
お聞きしたことがあります。

これらを避けるためには、様々な方法がありますが
玄米から分付き白米+雑穀に切り替える
玄米を発芽させていただいたり、十分に浸水させた玄米をいただくのを
一日一回にするなどといった方法があります。

十人十色で個人差があるので
身体と相談しながら実践してみてくださいね。

salon aikon s2
食事カウンセリング&レッスン(電話・skypもOK) 
サロン・ド・ハーブへ



アロマ&ハーブの台所薬局 
ヒーリングライフin Sapporoへ


今日も素敵な一日をお過ごしください♪

いつも応援ありがとうございます!
こちらにもベジタブル料理情報満載です♪


ベジタブル料理 ブログランキングへ